まねしたくなる土井家の家ごはん

本の話です。

『まねしたくなる土井家の家ごはん』 
料理人・土井義晴先生の本です。
土井先生を知ったのは、水曜どうでしょうで、大泉さんがモノマネをしているのを見て、
本人も知らないのに大爆笑していたことがキッカケです。

それから、数年後、本屋で気になって購入しました。


何よりも、家のごはんが大切です。何よりも、旬の素材が大切です。

春は芽のもの。天に伸びた野菜の命をいただく。おすしに卵、華やかで明るい食の季節です。
夏は酢の味。冷たいお料理。すっきりとしているもの、元気が出るものを食べましょう。
秋はご飯。味噌汁。魚と肉。ほっくりとした芋。がんばらなくてもおいしい、毎日のしっかりごはん。
冬は菜っぱ。ゆでて、炒めて、鍋にして。白い野菜のみずみずしさ、こってり煮魚にも舌鼓。

*****************
私が印象に残ったのは、家庭料理は名前がついていないものでいい、ということ。
その日、何を作ろうか、と料理名を考えて作っても材料がなかったり、負担になったり、続かないということ。
スーパーで、旬のもの、安いもの、その季節のものは身体が欲している栄養素が自然に詰まっていて、そこから、どうやって食べようかと考えて自然に料理になるということ。
一口目で「おいしい!」と感じるレストランの料理とは違って、
最後まで食べて、ああ、美味しかったなと思える「尻上がりな味」が家庭料理の良さ、ということ。

料理下手&苦手な私にとって、結婚してから毎日のご飯作りに悩んでいたとき(今でも)
名前なんてなくていいんだ、旬のものをそのまま頂けばいいんだと気持ちがとっても楽になりました。

料理本なのに、単行本で写真は一切なく、春夏秋冬の少しのレシピと、
先生の家庭料理への思いが溢れんばかりに詰まっている本です。

たまに読み返しては、ロマンチックな先生の文章に癒されています。

******

先生は、優しい関西弁が素敵な面白い方です。
一度、テレビでお好み焼きを作ってらっしゃったとき、一言。

『はい、ひっくり返してからは、ぎゅーぎゅー押してはだめですよ。
豚ですからね』

!!!!!


◎良かったらぽちっと応援お願いします◎

にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代女性日記へ
0

    恋する四字熟語

     数年前、まだ独身の頃買って読んでいた本が出てきた。

    『恋する四字熟語』 著者:佐藤真由美さん

    いろいろな四字熟語が、その意味にまつわる恋愛エピソードとともに綴られている。
    普段覚えられない四字熟語が、するすると面白みを持って頭に入っていく。
    久しぶりに読み返してみた。

    30代も半ばになり、さすがにキュンキュンとはしないけれど、
    面白いのでお勧めです。

    いくつか抜粋。
    *************

    『一日千秋』:(意味)一日が千年に思えるほど、人や物事の到来を待ち焦がれることのたとえ。
    ◎会えなくて生きた心地がしないうえに、そんなに好きになってどうしようという思いで
    スケジュール帳に突っ伏すこと。


    『一目瞭然』:(意味)ひと目みただけで、はっきりとわかること。
    ◎恋人の有無や既婚かどうかは判別が難しい場合があるけれど、
    モテるモテないはこちらで決めるので、自己申告しなくてよろしい。


    『月下氷人』:(意味)男女の仲をとりもつこと。仲人。
    ◎食べたいものや着たい服はお店で探すのに、どうしてお見合いや紹介には難色を?
    コネや情報も実力のうちだと思う。


    『読書百遍』:(意味)難しい書物も繰り返し読めば意味がわかってくる。
    ◎あの男からのメールは、何度読んでも意味がわからない。



    0

      さすらい

      BOOKOFFに行ったら、夫が見つけてきてくれた。
      大好きな民生の本。
      対談形式でもう10年以上前の内容の本。


      『さすらい』の歌の、♪さすらいもしないで このまま死なねえぞ〜♪を、きっかけに
      有能な社員が会社を辞めた、民生さん、今度は『会社に戻ろう』っていう歌を作ってくれないかな。

      というエピソードが笑えた。

      私の一番好きな歌詞はイージューライダー↓

      僕らは自由を 僕らは青春を
      気持ちのよい汗を けして枯れない涙を
      幅広い心を くだらないアイデアを
      軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを

      ずっと持っていられたらいいなぁ〜といつも思います。
      0

        直木賞

        以前ブログにも書きましたが、作家の朝井リョウさんが先日直木賞を受賞されました。
        私達夫婦ともに同じ高校出身ということもあり、
        夫に、後輩から直木賞作家がでるなんてすごいことなんやで!
        (最近、なんやらロム日記漬けみたいやけども!)と言われ書いています。
        地元新聞も出身校の先生やら、実家のご両親のコメントやら、お祭りムードいっぱいでした。

        『桐嶋、部活やめるってよ』を読んで以来、作品を読んでいないのですが、
        てっきり、作家一筋で執筆活動をされているのかと思っていたら
        社会人一年目で会社員でもあるとのこと。
        毎朝5時に起きて執筆の時間を作られているらしい。

        なんとも、尊敬以外の何ものでもないです。
        おめでとうございます!

        私もとにかく日々頑張らねば。
        0

          フライング

          ネコを飼いたい気持ちが強くなってきた。

          まずは、本で知識を。
          『ねこのきもち』の別冊を買ってきた。


          家に帰ってゆっくり読んだら、
          主に高齢ネコ対象の内容だった。


          まだ、飼ってない。
          0

            桐島、部活やめるってよ

            作者が同じ高校出身者、と聞いて読んでみたかった小説、
            朝井リョウ氏の『桐島、部活やめるってよ』を読みました。

            男子バレーボール部のキャプテン桐島が部活をやめることによって、
            田舎の県立高校に通う5人の17歳の高校生の日常に変化が起き始める・・・という青春小説。
            実は最後まで桐島は出てこないけれど、5人の短編が色々なところでリンクする手法も
            慣れてくると面白かったです。

            感想は、会話が岐阜弁そのまますぎて笑ってしまいました。
            あたかも母校で起きているかのような錯覚に陥って、
            切なくなったり当事を思い出して懐かしい気持ちになりました。

            でも、こんな感じだったなーと共感できるところもあったけど、
            同時にリアルな高校生の心情があまりに強すぎて、
            こんな真剣に考えて毎日生活してたっけ?今の高校生はこんな感じなんだろうか?
            と違和感も少し感じたり。
            私が17歳のときなんて、将来や人間関係にそこまで悩んでいなかったように思う。
            それは充実してたからなのか、何も考えてなかったからなのか、
            それとも悩んでいたことを、大人になって今となってはもう忘れてしまったのかな・・・

            と、大人が読んだら当時の狭い世界観を懐かしむか、
            すでに共感できなくなっているかどちらかにしかならなさそうだけれど、
            中学生や高校生に、本人達にしかわからない感性で是非読んで欲しいです。
            作者が大学在学中の19歳で書いたからこそ、リアルな高校生の世界観が見えるんだと思います。

            夏に映画化されるみたいですが、岐阜弁はないだろうな〜



            0

              1

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << August 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              みんなのブログポータル JUGEM

              使用素材のHP

              Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *