猿投山

 昨日、愛知県豊田市と瀬戸市にまたがる猿投山(さなげやま・標高629m)に登ってきた。
夫と、夫の会社先輩夫婦と4人。

梅雨もそろそろあけるのか、快晴の下、
思ったよりたくさんの人が、登山やらトレイルランを楽しんでいて
駐車場もいっぱいだった。

山頂より。


近場で、朝から登ってお昼前に下山して、お昼ご飯。
これくらいがいいな。

富士山も世界遺産になって、
これからもっと山に登る人が増えるのかなぁ。


◎良かったらぽちっと応援お願いします◎

にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代女性日記へ
0

    木曽駒ケ岳

    先週土曜日に中央アルプスの一つ、木曽駒ケ岳に登ってきました。
    主峰の駒ケ岳は標高2956mの山ですが、標高2600mの千畳敷駅までロープウェイで登れるので、
    往復4時間ぐらいのコースです。観光客や子供連れもたくさんいました。

    金曜日の夜、女子サッカーなでしこの試合を観終わった夫は、
    オリンピック観戦に名残惜しそうだったけれど、そのまま夜中3時半ごろ出発。
    そこまで早く出発しなくてもいいんじゃないかと思っていたけれど、
    ロープウェイ乗り場へ向かうバス亭では早朝6時前にしてこの行列・・・200人ぐらいいましたね。
    山の一日の始まりは本当に早い。


    臨時バスを何回も見送って、やっとロープウェイ乗り場のあるしらび平駅へ。
    ここでも整理券をもらって順番を待ち、待ちにまったのに、ロープウェイは7分で到着。
    秒速7mの速さとのこと。すごい。

    登る前にコンビニおにぎりとお味噌汁で朝食をとる。
    一瞬で高いところへ来たので高山病予防に身体を慣らすため。




    この日も夏の快晴が続いていてくれて、眼下に広がる千畳敷カールは圧巻でした。
    頂上を目指します↓


    お花畑越しに見る宝剣岳。空の青に吸い込まれそう。


    途中、ちらほらとテントが。
    一日中、ゆっくり寝て食べてくつろぐんだろうか。
    何より、この涼しさの中にいたら連日の暑さを忘れられる。


    頂上から。
    中央アルプスなので、四方に北アルプスも南アルプスも八ヶ岳も、そして遠くに富士山も見えた。


    今回はお昼ご飯は持ってきていなくて、帰りの混雑を避けるために、さくっと下山。
    降りるロープウェイも2時間待ち予想の看板があった。観光客に巻き込まれたくない。

    下山後は、お風呂に入って、お昼ご飯は駒ヶ根名物ソースカツ丼。
    2週間前も駒ケ岳SAでソースカツサンド食べましたが・・・おいしかった。

    15時半には家に到着。
    オリンピック観戦の誘惑振り切って行ってよかったです。

    0

      伊吹山

      先週末、梅雨の合間の貴重な晴れ日だったので日帰り登山が出来ました。

      実家に帰る予定もあったので、近くの伊吹山へ登ることに。
      岐阜県と滋賀県の県境にあり、冬はスキーで有名だし、日本百名山の一つでもある。

      ドライブウェイもあるので9合目まで車で行って、
      そこから40分ほどで山頂に行けることもあり、多くの観光客で賑わっていました。

      私達は下の登山口から登ったけれど、かなり暑くて、
      既に一合目でちょっと後悔…
      さらに今回はチョコやお菓子の行動食を持って行くのを忘れていました。
      暑さで喉が渇いて水ばっかり飲んでいたけど、お腹だけいっぱいなのに疲れは取れないという…
      ちゃんと塩分、糖分を取らないと駄目ですね。

      景色の写真もバテてあまり撮れず。
      頂上でやっと一枚。


      下山後は、薬草風呂で汗を流して帰路へ。

      夜中、あまりに暑くて眠れないので、
      慣れない夫の実家の部屋の押入れからゴソゴソ扇風機を引っ張り出してきた。
      ちょっと大きくて、新しめでハイテクな感じ!
      ニヤニヤしている夫の視線を気にしながらスイッチを入れると…

      真っ赤な熱が!
      あつっ!

      ハロゲンヒーターでした…

      余談です。

      0

         ひと月前のことになりますが、山へ行ってきました。
        毎年恒例になりつつある夏の登山。
        今年は2泊3日で夫と兄と夫の友達と4人で、目指すは北アルプス奥穂高岳。
        実際には私だけは奥穂高岳には登頂せず(バテました)、途中のテント場になる穂高岳連邦の手前の涸沢と呼ばれる氷河園谷でまったりしてきました。

        この涸沢は4年前に一度登ったことがあり今回は2度目。
        見所は北アルプスが一望できることもその一つだけれど、私のお気に入りは、色とりどりのテントが数え切れないほど並ぶカラフルな景色と、モルゲンロートと呼ばれる御来光によって山が朝焼けに染まる壮大な情景。もう一回行ってみたい、とずっと思っていました。
        前回の紅葉シーズンよりは人も少なめでテントはずっと少なかったけれど、空と山だけに包まれているような非日常感がやっぱりそこにありました。



        2つある山小屋も綺麗で(泊まってないけど水場もあってトイレも綺麗でした)、生ビールで乾杯したり、ジョッキパフェたるものを見つけたり、おでんなんかも食べられました。
        山の空気を存分に感じながらまったりした時間を過ごすにはお勧めの場所です。

        帰ってきて夫に奥穂高岳山頂の写真を見せられて(下)、あと一歩頑張って、登らなかったことが唯一後悔したことかな。

        0

          1

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << October 2017 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          recent trackback

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          みんなのブログポータル JUGEM

          使用素材のHP

          Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *