静岡旅行

3連休、静岡市に転勤になった兄家族のところへ2泊させてもらってきた。

岐阜からは、近いが遠くて、
微妙な距離なのでじっくり観光したこともなかった。

1日目。
お昼ご飯で浜松餃子に舌鼓。
開店時間には既に10人以上の行列が。
付け合せはもやしで、野菜たっぷり、薄皮の軽めな餃子です。


その後は、御前崎の岬へ。
天気も良く、駿河湾から見える太平洋がとても雄大でした。
強風のため、御前崎灯台にはちらっと登って退散。



2日目。
清水港マグロ祭り2013が行われているということで、兄家族と参加。
すごい人で、ごった返していました。
マグロの解体ショーが催され、特別に清水港クルーズも無料でした。





新鮮な海鮮や、静岡ビールを堪能して、
甥っ子姪っ子とスタンプラリーに参加してたくさん歩きました。





夜は、静岡の名酒と、静岡おでんでゆっくり。
5歳の甥っこが、『今日も酔っ払うの?』と言っていた・・・。
お酒飲むの?じゃなくて、酔っ払うの?ってところが、よく見てるなー。


飲んだくれる大人達の隣で、勉強する子供たち。
これ終わったら、ゲームできるそうです。微笑ましい。



3日目。

夫と二人で、焼津市にある満観峰へハイキングに。
行く前から、幾度となく観光に変更してくれないかと打診してみるも、却下。
行ってみたらこれが楽しかったです。
なだらかな山道は私にも登りやすく、景色も茶畑やみかん畑に囲まれ、
伊豆半島から駿河湾まで海が望めて最高でした。
富士山は、ガスって見えなかったけれど、それでも大満足でした。






麓の花沢の里では、無人販売でケーキも売っていた。
美味しいシフォンケーキ。100円。山頂で頂きました。


下山後は、静岡のソウルフード?「さわやか」のげんこつハンバーグでお昼ご飯。
某テレビ番組で見てから、美味しそうだなーと思っていたのです。ペロリ。


楽しい旅行になりました。

ロムは実家の母親に任せました。感謝。ロム、ごめんね。
2歳の姪っ子が『ロムちゃんは??』を連発していたのには、飼い主、感動(涙)
まだ3回ぐらいしか会っていないのに!
次は実家で会おうね。

◎良かったらぽちっと応援よろしくお願いします◎

にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ

にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代女性日記へ
0

    GW旅行2013 其のさん

    最終日の今日は、松江のホテルからお隣の鳥取県境港市へ向けて出発。
    途中、大根島をぐるっと海岸沿いを走ります。

    GW後半の初日もとても気持ちの良い快晴。
    ドライブしてるだけでテンションが上がります。

    そして、境港市に入ると、目指すはもちろん「水木しげるロード」。
    鬼太郎を始めとする153体の妖怪の銅像が迎えてくれました。

    水木先生と鬼太郎。


    猫娘。

    思ったより大きくて、妖怪たちが上手く活用されていて、ずるい。笑
    目玉のおやじの標識。
    こんなのあったら、信号無視できない。


    そりゃ、一反もめんはTシャツにもなるし、


    目玉のおやじは街灯にもなるよ。


    きわめつけは、トイレマーク。
    男子トイレは鬼太郎、女子トイレは猫娘、車いす用は目玉のおやじ。
    ここまではいいとして、ベビールームはこなきじじいなのね。なんで?笑


    堪能しました〜
    食べ歩いて、妖怪たちに笑って、素敵な空間でした。
    途中で見つけた野良ちゃん。
    ロム〜!!

    次は、松江市に戻り、島根半島の先端にある美保関灯台へ。
    絶景です。はるか遠くに隠岐の島もうっすら見えました。



    海なし県の岐阜県に生まれ育った私にとって、
    こういう漁港風景はとても非日常感に溢れていて、ふわふわしている。


    焼きいか。
    とてもジューシーでした。間違いない。


    最後は、美保関神社でお参り。
    出雲大社より大きさは小さいけど、とても厳かな雰囲気でした。


    その後は、米子から高速に乗って帰路へ。
    ひたすらドライブ。山高原のSAで食べたソフトクリームで英気を養い、
    大きな渋滞に巻き込まれることもなく、無事帰れました。

    いい旅行になりました。

    ◎良かったらぽちっと応援お願いします◎

    にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代女性日記へ
    0

      GW旅行2013 其のに

      朝ものすごい寒さで早く目覚め、
      耐えきれずに今日も5時半に出発。
      朝焼けと日本海。


      (またまた長いです。)

      まずはあったまりに温泉津温泉(ゆのつおんせん)の薬師湯へ。
      ちょっとレトロな観光地感溢れる共同浴場。
      温度も最適で生き返る。
      さすが日本温泉協会審査でオール5の温泉。
      またゆっくり来たいなぁ。


      そして、世界遺産の石見銀山を目指して走ります。
      途中、鳴き砂海岸でもある琴ヶ浜で散策。
      天気も良く砂浜はとてもきれい。


      朝市ののぼりにつられて歩き、
      砂浜を望むお食事処でぜんざいとコーヒー。
      何故かぜんざいのお供が佃煮。笑
      でも美味しかった!200円なり。


      石見銀山へ到着すると、閉所恐怖症の私は、
      銀山跡ではなく街並み観光をチョイスしました。




      石見銀山の文字入り大判焼き。


      次の目的は島根県の山、三瓶山(さんべやま)の三瓶バーガーのランチ。
      この三瓶山、新緑がとてもキラキラして、とても気持ちよかった。
      男三瓶山、女三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山、
      と、900mぐらいの山が集まっています。
      名前が可愛い。


      ここの共同浴場の鶴の湯も、
      湯の花たっぷりの本当に良いお湯でした。


      三瓶バーガー!
      ボリューミーで美味!


      そして、ついにこの旅行のメイン、出雲大社へ。
      元はと言えば、連休まで一週間をきったある日、
      テレビで特集されていた出雲大社の平成の大遷宮(60年に一度)を見てしまったばっかりに、
      そうだ、出雲行こう!となりバタバタフェリーを確保したんだった。
      こういうパワースポット系、弱いです。

      どーん!






      いやー、素晴らしく厳かな雰囲気でした。
      連休の隙間だったけど、たくさんの人で溢れていました。

      パンフレットには、
      「縁結び」ー運命のめぐりあわせー
      人と出会うこと、恋人同士になること、夫婦となること、親子となること、
      家を建てること、ものを買うこと、旅をすること、食べること、
      遊ぶこと・・・生きることすべてが「縁結び」

      単純明快な私は、よし!と買っちゃいました。
      ここに来てこれを買わずに帰れなかった。笑


      そして、今夜の宿は松江市のゲストハウスで一泊します。2人で個室5000円。
      夫が学生の頃、ツーリングで訪れた思い出のお宿。

      夕飯は出雲そば〜〜〜


      明日は最終日。
      ちらりと観光して、岐阜まで突っ走ります。

      ◎良かったらぽちっと応援お願いします◎
      にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代女性日記へ
      0

        GW旅行2013

        昨日の夕方、大阪南港を出発したフェリーは
        今朝5時半に福岡県新門司港へ到着。

        (以下、旅行の忘備録のため長文失礼します)

        まずは開門海峡の人道トンネルで下関市まで渡ります。
        れっきとした国道で、人々の生活道路です。


        早朝からジョギングしている人も。
        県境をこんなふうにまたぐことができる!


        そして、?去年の九州旅行の最終日にまさかのタイヤパンクで足止めされて、
        行けなかった門司港駅へ向かいました。
        門司港レトロがキャッチフレーズのレトロモダンな港町。
        神戸や小樽みたいな雰囲気。
        九州鉄道記念館は朝早すぎて入れなかった…。


        代わりに、バナナの叩き売りの発祥の地らしいため、バナナマンを記念にパチリ。


        そして、本州へ渡り、山口県の日本海側を西へ走ります。

        山口県長門市の長門湯本温泉へ。
        奥湯はぬるめのトロンとしたアルカリ性。
        昭和な感じが心地良い小さな温泉街でした。


        そして、隣の仙崎にあの「こだまでしょうか」のCMで有名な詩人、
        金子みすずさんの記念館があるのでいってみることに。
        生い立ちや暮らしが詳細に展示されていますが、
        何よりも優しい詩の数々に感動しました。
        是非一度行ってみてもらえたら。


        お昼はウニ釜飯と下関のご当地飯の瓦そば。
        本当に熱々の瓦が出てきてビックリ!焼きそばですね。




        そして、山口県といえば城下町の萩市。
        吉田松陰や、高杉晋作の旧家など、
        はっきり言って全く日本史に興味がない私にはよくわからないが、
        歴史好きにはたまらないだろうな。

        吉田松陰神社では、有名な松下門塾が残されていた。
        小さな小さな小屋。
        ここで明治を支えた人々が学んでいたんだなぁ。


        その後、もう少し日本海沿いを走り、今夜の宿は島根県との県境近くの田万川キャンプ場で
        テント泊に決定。
        お昼ご飯贅沢したからね。
        お風呂もトイレも夜ご飯も目の前の温泉施設で揃ってるし問題なし。


        今日はここまで。明日は島根県散策です。

        ちなみに、今日は夫BD。
        ケーキは無いなぁ笑

        ◎良かったらぽちっと応援お願いします◎
        にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代女性日記へ
        0

          能登和倉万葉の里マラソン2013

          能登和倉で行なわれたマラソンに行ってきました。
          2泊3日なので、いろいろ考えた結果ロムは実家にお預け。
          出発の朝、窓から見えるロム。許してね。


          (以下長文失礼します)
          ******
          今回で3回目参加のこの大会。
          参加賞として、七尾牡蠣が焼きガキと牡蠣鍋で食べられるのが楽しみ。
          毎年フルを走る夫、そして私も、過去2回は牡蠣目当てに10キロを頑張って走った。
          でも、お金を払えば走らなくても食べられることを知った!ので今回は走らない。えへ。

          一日目のプランの目玉は、お昼にホワイト餃子を食べること。
          金沢市内のお店、『第7ギョーザの店』へ。

          何このネーミングセンス!どういうこと?衝撃!
          ホワイト餃子チェーンの支店だけど、第6も第8も存在しない。

          味は期待を裏切らず美味しかった!!ホワイト餃子(左)。
          皮がもっちもちで、油であげてあるので初めて味わう感じ。大行列も頷ける。
          なんだかやみつきになり、帰りにもう一回来たいと言ったら夫に却下された。


          そして北上を続けて、千里浜海岸へ。
          日本で唯一車で走れる海岸。千里浜なぎさドライブウェイ。
          前回も走ったけどやっぱり絶景!青春だなぁ。


          和倉温泉の総湯。
          改装されて立派に生まれ変わっていました。


          ご当地キャラの、わくたまくん。
          温泉たまごのフォルムなんか、かわいいに決まっていてずるい笑


          翌日、マラソンはあいにくの天気の中で行われました。
          冷たい雨と低い気温で、こんな感じのスタート。


          私は20キロ過ぎ地点にある「ツインブリッジのと」の橋まで行けるという応援バスに乗り、
          沿道からランナーを応援しました。


          走る夫を見つけて、声をかわして一息ついたら、ふと隣の老夫婦の会話が耳に。

          まだやろか、いや、もう過ぎていったんでねぇか。
          いやいや、私は見てねぇべ。
          トイレ行きたいけど、行ってる時間ねぇべや。いや、まだ大丈夫かいな。(方言予想)

          みたいな会話をしていて、思わず声をかけてみました。
          今はネットで名前を入れると、5キロ毎の通過タイムなどが調べられて、
          携帯からどの辺りを走ってるかがわかる。

          孫息子が走ってる、とのことだったので、調べてみたらまだまだ15キロ過ぎ。
          まだこれから通りますよ、おじいちゃん。
          今お手洗い行かれても大丈夫ですよ。

          そして少ししたら、おばあちゃんが後から追いかけてきてくれて、
          寒いのにありがとよぅ、ほんとにありがとねぇ、と手に飴を握らせてくれた。
          いや〜、スマホ持ってて良かった。役に立つもんだな。

          夫は3時間43分。自己ベスト更新ならず!
          残念、でもお疲れさまでした。

          牡蠣〜!ビール!






          こんな盛り上がってますが、実は前回大会後、
          夫は牡蠣にあたり、ノロにやられている。
          あんなに死にそうに苦しんだのに、また食べてる・・・
          あと2回くらいあたれば嫌いになるかも、と言っていた。強いのかアホなのか笑。
          見ていた私のほうが、しばらく食べる気が失せたよ。

          夜はゆっくり和倉温泉浸かって、美味しいご飯を食べて満喫出来ました。


          次の日は、即帰路へ。
          帰りを待ちわびている(はず)ロムを迎えに。
          2日間、母の布団の上で一緒に寝たらしい。
          なにー!(嫉妬)


          ともあれ、よい旅行でした。
          が、実はハプニングもあり、私、落し物をしました。
          カメラの蓋を落とし、事務局の人に、
          『見つかったら連絡します。ご連絡先とお名前を…』

          その数時間後、財布(現金のみ入れていた)を落とし、事務局の人に、
          『見つかったら連絡します。ご連絡先とお名前を…』

          あああ、同じ人ってばれたらどうしよう!!!(恥)

          自宅に帰ってから、財布が見つかったという連絡があり、送ってもらえることに。良かった。
          お願いです、恥ずかしいから、カメラの蓋見つかりました、とかいう電話はきませんように。
          買います…

          ◎ロムお留守番だけですが、良かったらポチッと応援お願いします◎
          にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
          にほんブログ村
          0

            元湯 孫九郎

            年末恒例の温泉、今年は奥飛騨の福地温泉『孫九郎』へ行ってきました。
            2年前に一度泊まってから大好きな宿で、もう一度行きたいと思っていたお宿。

            なんだかいつも旅行に行っているようですが、決して富裕層ではありません。
            その大きな理由が一つ。

            夫の会社から、指定の旅行会社経由で予約すると、
            一人6000円の補助が出るのです。家族も同等。
            つまり、一泊12000円の温泉宿なら6000円に。
            7000円のビジネスホテルなら1000円に!
            これが年4回!まで使えます。
            使わないのももったいない気がして使っちゃうんですね〜。
            マラソンやらなんやらにくっつけて。

            有難いことです。

            一日目のお昼は下呂温泉を経由して、夫が行きたかった蕎麦屋『仲佐』へ。
            高級蕎麦店です。お蕎麦の味はよく分からないけれど、美味しかったです。
            開店待ちが何組かいたのが物語っていました。





            福地温泉に着くと、15時のチェックインまで時間があったので小民家カフェでコーヒーと五平餅を。
            ここも2年前と同じ。あまり今年は雪が積もっていなかった。


            朝市もあるみたいです。とてもレトロで昭和の看板がたくさん。


            元湯 孫九郎。
            源泉かけ流し100%が一番の押しです。
            温泉は内風呂、露天風呂、貸切家族風呂(無料)などたくさんあって何回も楽しめます。






            そして、2年前にはなかった新しいくつろぎスペースもできていました。
            音響設備が整ったラウンジで、心地よいBGMが流れています。
            北欧系の温かみのあるソファーでくつろげて、
            フリードリンクで壁にはたくさんの本があり自由に読めます。
            温泉入って、窓から雪を眺めてボーっとして本当に贅沢な時間を過ごせました。


            夜ご飯は山の幸満載です。
            私は個人的にここの料理が一番好きで、多分川魚が好きだからだと思われる。
            お造りも海の幸ではなく、鯉、マス、ナマズでした!美味しかった。


            2日目はゆっくりチェックアウトして、ロビーでコーヒーを頂きました。
            囲炉裏の炎がより情緒あふれる空間に。


            帰りは、飛騨古川の町並みを堪能して帰りました。
            飛騨コロッケつまんだり、フラフラフラフラ。






            2012年も色々ありましたが、この年末旅行で毎年辛かったことは洗い流しつつ、
            一年無事に過ごせた幸せを感謝して終わります。
            0

              お盆2012 後半

              夏休み後半は、夏山登山の予定でした。
              でも、夏バテなのか体調がベストではなく、山はきつい、と朝から家でまったりすること数時間。
              お昼を過ぎた頃、やっぱりどこか行きたい!ということになり、急遽荷物をまとめて出発しました。
              行き先は全て夫に一任。私は目的地までの距離や地理がわからない。。

              とりあえず中央道を北上。
              明るいうちに今夜泊まる場所まで、と頑張って走り、
              蓼科温泉のそばの蓼科高原レイクサイドキャンプ場へ到着。
              BBQしている家族連れや、ずっと読書しているおじさんとかいました。
              偶然、夜には団体さんのキャンプファイヤーが行われていて、幻想的な時間をわけてもらえました。



              次の日、朝早く出発。
              メルヘン街道を走り、国道で2番目に標高が高い峠、麦草峠を越えていきます。標高2,127m。
              三角屋根のヒュッテがかわいらしい。
              早朝ということもあり、空気が気持ちよい。北八ヶ岳もきれいでした。




              途中休憩しながらひたすら国道を走り、あのキャベツで有名な群馬県の嬬恋村の近くまで来ると、
              回りにはキャベツ畑が見えてきました。走りながらなのでブレています。



              そして、お目当ては信州高山温泉郷の中にある五色の湯。
              その名のとおり、気候の変化によって五色の色に変化するお湯が特徴の露天風呂。
              色は特にわからなかったけど、深い渓谷の自然の中のお風呂は気持ちよかったです。



              その後、更に更に北上を続けて長野県最北端の村、栄村へ向かいます。
              東日本大震災の影に隠れているけれど、あの3.11の翌日12日に起きた、
              震度6弱の大地震、長野北部地震の被害の中心の場所です。
              人口2300人、900世帯ほどの小さな村で、細い国道1本道。
              こんな山奥の村では、地震の際の非難も支援も本当に大変だったんだろうなぁと思いました。


              栄村の中にある、河原の湯として知られる切明温泉。
              川を自分で掘って露天風呂に入れます、なんとスコップも借りられます。


              河原はこんな感じでした。
              みなさん普通に水着で川遊びをしていました。
              ここで頑張ってお湯を探して温泉を掘る・・無理です。



              夜は、せっかくここまで来たので、近くにある野沢温泉村で一泊することに。
              草津温泉や城崎温泉に比べると知名度は低いけれど、13もの外湯めぐりが無料ででき、
              冬は有数のスキー場としてにぎわいます。

              野沢温泉観光協会に飛び込んで今夜の宿を探してもらう。
              スキー客メインのペンションで、夏場のオフシーズンのため
              係員の人が交渉してくれて、食事なし一人3500円。
              外湯も近いし、綺麗で満足でした。


              麻釜(おがま)と呼ばれる100℃近い温度のお湯が湧出している場所↓
              地元の住民が野菜や卵を茹でたりして食べ物に使用する場所。
              観光客は危険なので立ち入り禁止でした。野沢菜とか茹でるのかな。


              大湯。
              野沢温泉のお湯は、どの外湯も個人的には今まで行った温泉の中でもとても好きなお湯でした。
              湯の花がたくさんで(黒い湯の花を初めてみました)、温度もちょうどよく、
              夏なのにいつまでも入っていたくなるような、そんなお風呂です。
              さらに、目の前にコンビニがあって、コンビニなのに生ビールが買えます。幸せです。



              次の日はゆっくり帰路へ。
              途中、とてもおしゃれな道の駅を見つけました。『道の駅 花の駅 千曲川』
              景色も圧巻で、さらに道の駅なのにテラスのあるcafeで休憩。
              絶対観光客が立ち寄りたくなると思う。お土産や農作物も充実していました。
              HPも素敵。近くまで行かれたら是非。



              最後に、夫が行きたかったお蕎麦屋さんへ。「手打ち蕎麦 みゆき」 
              自分のお店の裏のそば畑でできた蕎麦をそのまま手打ち蕎麦にしているらしい。
              確かに峠の蕎麦屋と呼ばれるのがわかるくらいすごい山奥で、
              こんなところでお店をやって大丈夫なのかと心配に。


              お店はこんな感じ。お店というより、おうち。実家こんな感じ。
              きゅうりの漬物サービスです。


              お蕎麦ももちろん美味しかったけれど、涌井の水で育った魚、
              シナノユキマスのから揚げが絶品でした。
              時価で500円〜だったかな。もう一度食べたい。



              無事に家について、道の駅で買った桃とアスパラを頂きました。
              楽しい夏休みになりました。


              0

                プランB

                今週末、北アルプスの蝶ヶ岳に登る予定で、金曜日の夜に長野県に向けて出発しました。

                天気予報は、前々からずっとよろしくない。
                でも変わるかもしれないし、いずれにしても登山口の駐車場で前泊するので、
                朝一の天気をみて考えることに。

                結果…起きたら雨が降っていたので止めました。
                まぁ、登っている人もいたし、山頂はもしかしたら晴れるかもしれないけれど、
                なにぶん軟式登山なので。早々にプランBに変更。

                いつもどこかへ出かけるとき、プランBとして別案を立てるようにしています。
                今回も信州の観光本や行きたいお店を練ってきていた。

                いざ松本観光へ。

                まずは浅間温泉の『仙気の湯』で身体を温めることに。
                近くの野球場で夏の甲子園出場の長野大会の準決勝が行われていて、すごい人の流れが。
                頑張れ、高校球児。


                その後、一度は行ってみたかった、国宝松本城へ向かいました。


                お堀の周りは池にぐるっと囲まれていて、庭園も美しく、お城の中も面白かったです。
                敵から守るための数々の工夫があり、展示も充実していました。
                何より外観がかっこいい。名古屋城と違って金のシャチホコはいないけど、黒が基調で趣がある。


                次は、アメカジのお店『デザートヒルズマーケット』で買い物。
                欲しかったジーンズを買うためにもともと登山の帰りに寄る予定だった所。
                物欲が満たされると、この辺で山に登れなかったことは既にどうでも良くなってきます。

                そして忘れずにお蕎麦も食べて、その後ゆっくり帰路へ。



                帰宅後、夜ご飯は、中央道駒ヶ岳サービスエリアで買った名物『ソースカツサンド』。





                友達に教えてもらってからハマりました。
                分厚くて柔らかいカツと、パンに染み込んだソースとキャベツが絶品です。
                また食べたい。

                0

                  九州旅行6

                  とうとう今日が最終日。

                  今日も朝から温泉へ向かいます。
                  長崎県雲仙市にある小浜温泉「波の湯」。この温泉の一番の特徴は、海岸沿いの防波堤沿いにあって、海面とほぼ同じくらいの高さの湯船が、防波堤よりなんと海側に突き出ているということ。
                  海に入っているかのような、まさに絶景の露天風呂です。夕日が見れたらもっと最高ですね。




                  そして、ここまでで、あるアクシデントによって私達の九州旅行はほぼ終わってしまいました。

                  9時半頃のこと。
                  かなり細い道に入りこんだため、引き返そうとして切り返したら、左後ろのタイヤを民家の低い石段に強打。とっさにブレーキ踏んだらアクセルだったみたい…
                  その後しばらく走っていたら、ゴゴゴゴッと音がして、タイヤがパンクしていることに気づく。

                  雨も強くなってきたので、加入していた無料サービス付きの保険会社に連絡して、スペアタイヤに交換してもらいました。


                  この時点で11時。急いで長崎県から熊本県まで有明フェリーで横断。

                  そして、スペアタイヤの走行距離がおよそ100km、時速は80キロが限度ということがわかり、これから自宅まで300km以上あるため、安全第一で急遽タイヤを買うことに決定!
                  もともと替え時だったため、4本まとめて購入することに。

                  最寄りのオートバックスを探して走って、訳を話し急いで付け替えてもらうも、お店も忙しいためひたすら待って、全て終わったのが夕方16時。

                  大阪行きフェリーまで時間がない!
                  最終日に楽しみをとっておいた福岡・博多もあきらめるしかない…

                  ひたすら160km以上の距離を、高速飛ばしてそのままフェリー乗り場へ向かいました。

                  こんな感じで、まさか熊本県のオートバックスでくつろぐことになろうとは思いもしなかったけど、パンクぐらいですんで、事故もなく、体調崩すこともなく、たくさんの思い出が出来て、本当に楽しい旅行になりました。

                  博多ラーメンは食べられなかったけど、熊本県玉名市で食べた玉名ラーメン。美味しかった。
                  0

                    九州旅行5

                    今日も朝6時から熊本県に向かって出発。目当ては人吉市にある人吉温泉の元湯。地元の人に愛される共同浴場です。
                    風情たっぷりの暖簾をくぐると番台があって、小さめな湯船にとうとうと流れる湯は源泉かけ流し。
                    朝一番にゆっくり温まりました。今まで行った共同浴場でベスト3には入るかな。




                    その人吉温泉のすぐそばにある、国宝 青井阿蘇神社にも立ち寄りました。
                    文化財としては、熊本県初の国宝指定を受けたらしく、1200年前に創建された神社です。


                    今回は熊本市内や阿蘇へ行くことが出来なさそうなので、何か熊本名物を探しながら北上。
                    そして、道の駅で熊本の郷土菓子「いきなり団子」を食べる。
                    ふかしたさつまいもとあんこで出来たお饅頭で、出来たて熱々で美味しかった。
                    すぐに簡単に作って出せるいきなりという意味と、生の芋を使って調理する生き成りの意味があるらしい。
                    やっぱりネーミングって大事ですね。こうやって観光客の好奇心がくすぐられるから。


                    そして、昨日テント泊で節約したし、お昼ご飯は贅沢でもいいかな、と、福岡県の柳川市で柳川の鰻のせいろ蒸しをいただくことに。
                    蒲焼とはまた違って、蒸された鰻はふわふわで、お米もタレがしっかり染みて本当に美味しかった。
                    お店の前にはあの有名な柳川の川下りの川が流れていて、柳の木と提灯が揺れていました。




                    その後は佐賀県の武雄温泉でまた立ち寄り湯。歴史ある大きな温泉で、たくさんの湯船に観光客がいっぱい。
                    今回は佐賀県は、ここぐらいしか寄れなかった…


                    夕方には長崎市に入り、ホテルにチェックイン。
                    あいにくの雨だったので、見たかった日本三大夜景の稲佐山の夜景は断念。
                    代わりに中華街で定番皿うどんで夕食をとり、ホテルでゆっくりくつろぎました。




                    とうとう明日は最終日。夜のフェリーで大阪に向けて出発します。
                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *